スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 

昨日、沖川先生に鑑定、いえカウンセリング、いえ、自己啓発!していただきました。

その節はありがとうございました。

艱難辛苦を乗り越えてきた大人の男性の立場での男の仕事についてのお話、すごく勉強になりました。

 

 

あの時、先生には復縁したいとお話し、復縁をする方法を教えていただきましたが、じっくり考えて、今気持ちは変わりました。

 

彼のことを嫌いになったわけではないし、できれば一緒にいたいです。それは変わらない。

が…

彼の仕事が落ち着くだろうと思われる半年後、先生の仰るように男性が求める「彼専用ホステス」になって彼に気をつかい、返信のこないだろうメールをだしてまで彼を取り戻すことを考えると…正直メンドクサイ。意欲が湧かない。(おい)

そういう行為は、ツライだろうけど楽しいとは思えないし、気持ち的にしっくりこないんです。私はワガママなので、いくら彼のためでも自分のしたくないことってやっぱりしたくないなあと。

彼は私が仕えれば癒されて私のこと好きになるのかもしれない。けど、そういうこと自然にできる人ならいいかもしれないけど、私がそれをやるとなると意図的にやることになり、そういう自分の性格とあわない不自然なことするのって楽しいのかな…。のびのびと自分自身でいられない相手と一緒にいたって幸せじゃない気がするんです。

第一、なんで私がそんなことしなきゃいけないの?と思ってしまって。

彼が悪いとは言わないけど、私が彼にヒドイことをしたとも思ってないので、(不況なのは私のせいなわけない)なんで私がそこまでしなきゃいけないの?という理不尽さを感じちゃうんですよね。フェアじゃないように思えて。

彼は私よりも自分自身そのものともいえる仕事を選んだ。でも、それはあたり前のことだと思います。人はなによりまず自分のことを優先すべきです。

だから、私だって当然彼のことよりも自分を選ぶべきだと考えました。

彼を愛しているからといって、自分自身を否定するようなことはできません。自分を裏切るなんてできないです。

私が求めているのは、演技している私を好きになってくれる人ではなく、私そのものといえる私をよしとしてくれる人です。これはゆずれません。(それは彼だと思っていました)でないと、楽しくないです。

私が楽しくて、彼も楽しいという関係じゃない恋愛に意義を見出せないと私は思いました。

 

だから、半年経っても彼に私から復縁をせまることはしないです。

どうせまた恋愛するなら、まだ見ぬ新品の相手のほうが新鮮でいいかも♪という気持ちが今は5割かな。

「どうしても戻ってきてくれ」とお願いされたなら戻ってあげてもいいかなあというくらいな感じで今後はいようかなあと思います。それなら彼が私を求めているということだから。

私をいらないという人は、私もいらない。誰がなんと言おうが、私をあげるのは、私に価値を見出してくれる人だけです。

一時の感情のために損をしたのは、絶対に彼のほう。そういうことにしときます☆

 

…って、いまさらかなあ^^;

あれだけ大騒ぎしたくせに…。

嘆くのもほどほど疲れてしまいましたし…。

恋心に惑わされて、私、自分がものすごく気が短いという事実を忘れてました^^;

 

 

誤解のないように申し上げますが、私自身がこのような結論を出しましたが、この結論が必ずしも正しく、絶対だと思いません。そもそも正しいも間違いもないんですけど。

自分自身にとってなにが幸せかとよくよく考えて、その答えがどうしてもその人ならあきらめるべきではないでしょう。それは信念として高く掲げ続ければいいんじゃないでしょうか。

一つの出会い、一つの愛を信じて思い続けるのは、人間だからできるとても尊くステキなことだと心から思います。そういう心を信念にまで昇華させることができるのなら、できないことは何一つないとすら私は思います。

相当な精神の修練が必要なのでしょうが、その苦しみの上で花開いた愛の輝きは何ものにもきっと優りますよね!

そういう愛を手になさる方は、ほんとに素晴らいし、羨ましいかぎりです。

 

 

新しい恋をしたらまた先生のところにうかがいます。

たとえ彼とまた恋をしても新しい恋になるんだと思いますし。

 

そんなわけで、みなさんのお幸せをお祈りします。

ではでは☆

かなん 10:37 comments(4)
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 

昨日はピラティスに行ってきました☆

 

私のピラティスの相棒Kさんは、現在40代の女性で、高校時代からのつきあい、結婚しただんな様がいます。

「二人の間で危機ってありました?」

と私がたずねると、Kさんは「当然あったよ」とこんな話をしてくれました。

 

それは、Kさんとだんな様(当時は彼氏)がつきあって4年の頃。(恋愛感情の冷めるタイミングですね)

彼がKさんに「別れたい」と言い出したそうです。

Kさんはそんなつもりはなかったそうですが、彼は束縛が嫌だと言っていたそうです。

Kさんは彼が好きだったので、「別れない!」とはっきりは言いましたが、結局無期限で距離を置くということになったそうです。(実質別れたも同然)

その際、Kさんはあまりジタバタはしなかったようです。

 

彼と別れて1カ月。

Kさんは泣いてばかりいたそうですが、1カ月経った後は毎日のように習い事などの予定を入れてがむしゃらに毎日をすごしたそうです。(自分磨き)

そして、一切彼とは連絡とらなかったそうです。(沈黙)

 

そして、3ヶ月ほど経って、彼から何事もなかったように電話がきたそうです。

Kさんは彼が別れを告げたのは、女の直感で彼に他に好きな人ができたのだろうなあと思っていましたが、あえてそのことを追求しませんでした。

聞くのが怖いというのがあったし、聞くと自分が惨めになるだけど思ったそうです。

 

 

     別れる際やたらとすがりつかなかった。

     離れている間、自分磨きに励んだ。

     沈黙し続けた。

なるほど、このブログにもある成功法則にピッタリ!

 

さらに、心に引っかかっていることもヘタな追求はしなかった。

追求しないことは、スルーすることで、許すことですよね。

その寛容さも大きなポイントですかね。

 

まあ、男性も色んなタイプがいますから、常にこの手が有効か分かりませんが、実例を聞くと成功率はやっぱり高いんだなと思いますね!

かなん 08:57 comments(2)
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 

やっと仕事がまともにできるようになってきました。(ほっ)

興味のある仕事の依頼もちょうど入ったので、本格的な仕事モードになろうと思っています。

こうも早く心の整理がつきはじめたのは、ほんとこの広場のおかげですので、みなさんにあらためてお礼申し上げます。

 

彼については、とりあえず私から連絡とるつもりはないです。

かといって、あきらめたとかそういうことではなく、「一人になって考えたい」という彼の言葉を尊重するという気持ちを態度で示すということです。

これ以上すがるのは、私らしくない行為だと思いますし…。私ははかなげでけなげなタイプではないんです^^;私は彼が好きになってくれた陽気で前向きで勝気な女でいようと思います。

私にとって彼との恋愛は、人生の中でめったにないような楽しいキラキラした瞬間であり、それを苦しかった思い出には変えたくはないです。だからもうこれ以上絶望の泥沼に身を沈めたくはありません。それに彼とのことを私は何一つ後悔なんかしてません。彼は私に誠意をつくしてくれたし、私も一生懸命やりました。

彼の心が少しでも楽になって、いい方向に気持ちをもっていけるように祈ります。本当は最悪な状況ではなく、彼がそう思いこんでいるだけだと思います。それに早く気づけ!という感じです。彼はクソマジメで、融通がきかないのでなかなか気づかないんだと思いますが。いっそ仕事辞めて好きなバイクで放浪の旅にでも出てみたらいいのに〜。

 

夏になると、私と彼の誕生日なので、その頃にちらっと連絡いれてみようかなと思っています。その時は今よりは元気な彼でいてくれるといいなあ。

 

決意表明は以上です。

以下は、今回のことについての感想(?)のようなものです。

 

私は元々どちらかというと恋愛しない女だし、恋愛が全てというタイプではありません。

好きな人への気持ちよりも結局自分のプライドをとる性格だと…思ってきました^^;

友だちのツライ恋愛の話なんか聞くと、そんな男追っかけても惨めだし、価値がないのにと思ってました。そういうことも時には彼女たちに平気で言いました。

ですが、今回のことで、自分も情を捨てきれない女で、そういう気持ちを体感したことってすごい発見でした。

女って愛情のためならなんでもしようとするんですね。

その真価を男の人がなかなか気づかず、ぞんざいに扱うのって本当に残念だなあと思います。

もうちょっと昔かならそういう「おも〜い」女の愛情を堂々と背負って生きる男たちもいっぱいいたんですよね。(そして、彼らは結婚が早い)

身内の話で恐縮ですが、うちの母なんか父と付き合っている時のことです。

うちの父は毎日夜遅くまで飲みにいってたのですが、母は毎日父の部屋に訪れて掃除して、けなげな手紙を残すというのをずっとやっていたそうです。すさまじくおも〜い行為です。しかし、父は「この人を裏切ることはできない」と母との結婚を決めたそうです。

父は自分が女から頼られ全責任を負っているということにむしろ誇りをもつタイプですから。しかもどん底を知っているので、そう簡単に意気消沈したりしません。(そのかわり、かな〜り独善的で、ワガママですよ)

 

けれど、現代は大分事情が変わっていて、この手の男って絶滅寸前かもしれませんね^^;

でも、時代が変わっても女が愛してしまうと一生懸命愛情を注ぐというのは、なんだか本能のレベルのことでどうにもならないんですよね。そして、女と男はものすごくずれてしまっているんでしょう。

そういう意味では、ドライに頭で計算するような恋愛が現代にはむいているのかもしれないですが、それもつまんないようなあと思います。

「ルールズ」って男の本能にはそっているけど、女の本能にはずれていますよね。

理屈的にはもっともなんですが、理屈で行動できれば元々苦労しないんですよね…。

 

そんなわけで恋愛って、ほんと面倒ですが、それでも絶対したほうがいいですよね☆

恋愛しない人生なんて、クリープの入ってないコーヒーです☆(古!)

かなん 14:12 comments(4)
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 

昨日は山下達郎のライブに行ってきました☆

6年ぶりのライブ、53歳の達郎さんです。

もちろん、歌は素晴らしくて、CDだと穏やかな歌声の印象ですが、ライブだとすごくパワーがあるんです!

バックの楽器の演奏も聞かせますし、今回は若い頃から最近の歌まで色々と聞けたので山下達郎初心者にもよかったかも^^

ファン層は年配の方々が多く、サラリーマンのおっちゃんがすごくのりのりで楽しんでいるのが微笑ましかったです。

 

達郎さんはMCで自分の歌手生活の歴史を語っていました。彼はデビューから32年目。その道程はずっと平坦ではなく、もちろんまったく売れない時代もあったし、ここ数年も実は思う通りの活動ができなかったようです。

なにがなんでもミュージシャンとしてやっていくと誓った時から一筋で生きてきたプロの仕事って本当にすごい。細部まで妥協しないこだわりぬいたやまたつサウンドを聞いていると、私もいつかは堂々とプロの仕事のできる人になりたいと思いました。達郎さんの真摯でまっすぐな音楽への姿勢は本当にステキでした。

「こんなご時世ですからみなさんの中にも大変な事情を抱えている方もいると思いますが、ピンチの後にはチャンスありです。僕は音楽で人を癒せたり、慰めたりできると思っています。みなさん、一緒にがんばりましょう」

という言葉は、彼に聞かせたかったな…。

 

先週まで実は私ライブ行くのやめようかと思っていたんですよね。

それは、彼も達郎さんが好きで、というよりは、私がその世界に引き入れて、ドライブでよくCDを聞いていたので。

だから、思い出してツライんじゃないかなって。

でも、悲しい気持ちより、音楽と達郎さんの言葉が勝ちました^^

 

今はまだ彼に達郎さんの言葉を伝えたとしてもきっと届かないんだと思います。

彼は不安という魔物にとりつかれていて闇の中でさまよっているから。

でも、時間がかかっても光が見える時がきっとくると私は信じるし、そうじゃなかったとしても彼が闇の中で私の助けを求める日がくるかもしれない。

その時、私がぐだぐだだと共依存の共倒れ地獄になっちゃう。それだけはダメなんですよね。実際、うつ状態はうつりますし…。

私は仕事でもちゃんとしたプロになって人様の役に立てる人間になりたいけど、一人の女としても誰かを幸せにしてあげられる女になりたいです。

つまんないなにもできない不幸な女にだけはならないぞ〜〜!

がんばります☆

かなん 13:19 comments(4)
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 

少しずつですが、気持ちが穏やかになる時間が多くなりました。

この広場でみなさんの文章を読んだり、自分でも投稿したりしているおかげだと思います。

なにより暖かいコメントには励まされています。いつもありがとうございます!

 

ところで、私にはやたらと彼のことを思い出して胸が痛む時間帯と、「もういいや」と感じる時間帯があります。

私は朝方がすごく辛くて、夜になるとふっきれたように心が軽くなります。

自分でも不思議だなあと思うのですが…。

だから、ほんと朝は嫌でしかたないですね。

みなさんは、そういうのってありませんか?

 

沖川先生の新作『メール恋愛』さっそく拝読しました。

実は私と彼はメル友からのスタートでした。彼は非常に几帳面でまじめな人(四緑木星)なので、一日に何度もメールするわけじゃないのですが、私の書いたこと一つ一つにほんと丁寧なレスをくれる人です。なんて誠実でやさしい人だろうとメールだけでもすごく信頼できる感じでした。

彼はきちんと説明しなくちゃという意識もあるようで、仕事の状態が悪くなった時も一週間かけて打った長文のメールをくれました。だけど、それを打っているうちに、先行きを悲観して疲れ果ててしまって彼の気持ちは別れの方向にいってしまったようです。

私が今の状態の説明を求めて、それに彼が答えた結果そうなったのですが、私も彼自身にも先が見えないほど仕事が切羽詰っていると思わなかったのです。私はいつまで待てばいいのか分かりさえすればよかったのですが。

そのことを考えても、メールには気をつけないといけないし、仕事で問題のある彼を急かすのは厳禁ですね^^;

ただ女にとっていきなりそうなると、何がなんだか判断しかねて不安になるんですよね…。

私も青天の霹靂でした。

(すんなりうまくいくカップルは、そういうことも一切ないように思いますが…それが縁というものなのかも)

 

私はすでに転んでいますが、転ばぬ先の杖で、多くの女性がこの広場や恋愛日記や沖川先生の著作に出会えるといいなあと思いました。

前もって知っていれば、もっとましな対処ができますもんね。

かなん 13:32 comments(11)
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 

心の傷の癒し方、探しています。

今回のことは、正直すごくまいっています…。

いつかは立ち直れるって分かっているのですか、仕事にも支障があるし、ほんとそろそろどうにかしたいんです。

仕事に集中できないのが困るんです。

どうしたら悲しい気持ちが薄らいでいくんでしょう。

 

昨日は友だちに会ってきました。

その友だちは、とてもやわらかな雰囲気をもった品のあるきれいな人ですが、恋愛に無縁なタイプ。けれど、彼女といると落ち着くし、聞き役としては最適な人なので、ぼろぼろ泣きながら話をしました。

彼女は「無理に立ち直ろうとしないで、時間をかけてもいいんじゃない?」と言ってくれました。

そうなのかもしれない。

でも、毎日毎日どん底の気持ちでいる私にとっては、いつまでこのままなのかという恐怖があります。

私はむしろ普段は切り替えの早いタイプなので、余計にこういう状態が怖いんです。

 

ジョン・グレイの『ベスト・パートナーになるために』を読みました。

この本は、カップルになったら相手にも読んでもらうといいかもしれない本ですね!

女性側だけでどうにしかようとしたって恋愛は行き詰る時は行き詰まってしまいますよね。女性だけで恋愛しているわけじゃなんだし。男性は全般的に恋愛について深く考えなさすぎだと私は思います!

だから、こういう本を行き詰る前に読んでもらって、男性と女性に起こりうる誤解の構造を相手に理解してもらっとくのはいいかもしれません。

まあ、これを読んできちんと理解して活かすことのできる男性ってそうそう多くはなさそうですが^^;

でも、試みる価値はあるかなあと思いました。

かなん 10:46 comments(8)
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
今公開中ですね。ミュージカル映画『マンマ・ミーア!』。
先日観に行きましたが、とてもよかったですよ^^
 
ヒロインのドナは、メリル・ストリープあねさん。
すごぶる歌もダンスもお上手!
もう彼女って60歳くらいかと思うんですが、恋するはっちゃけ女っぷりがキュートでした。
ABBAの楽曲って、楽しくって、すごく聞いてて元気になります!
達者な女性陣に比べて、男性陣が今ひとつ歌唱力に問題ありましたが^^;
でも、女性のためのミュージカルだからOKですかね。
ストレスがたまっていたり、落ち込んでいる方には特におすすめです^^
 
ご覧になった方もいると思いますが、これって復縁ラブストーリーなんですよね。
なんと20年も音信不通になった彼との復活愛!
思えば、ラブストーリーって、絶対くっついたり離れたりしますけどね^^;
客観的にみて、お互いのために生まれてきたといっていいほどぴったりなカップルだというのに、ライバルがでてきたり、環境が変わったりして、何度も別れる。でも、また巡りあうというパターン。
あっさりくっついて、波風立たないんじゃドラマにならないですけど…。
でも、そういう物語を全世界で語られるのって、それだけみんな強い人のとの絆に憧れているってことだと思います。どんなことがあっても惹かれあうたった一人の人が絶対どこかにいるって。
現実ばかりで、ロマンをこれっぽっちも信じない人生なんて味気なさすぎますしね。
社会が元気ないからこそ、余計にそういうのが必要なのになあって思ってしまいます。ただ生きるだけじゃ、人間は絶対満足できないんだから。
かなん 15:28 comments(4)
かなん
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
はじめまして。
先日沖川先生に鑑定していただいた者です。
その節はありがとうございました。
 
今私は一番よくあるパターンにはまってしまってるんだと思います。
 
 
彼は公務員なのですが、彼の勤める市が大変な財政難で、賃金や退職金のカットが行われています。
そのため、現場でストや暴動がおきかけたり、退職者もたくさんでたりしてるそうです。それに伴い彼の仕事はハンパじゃなく忙しくなりました。
平日は深夜2〜3時まで仕事だったり、休日出勤も頻繁だったりします。
また、彼は去年の夏あたりから時たま体調をくずしていたし、「自分もいつまでこの職場でもつか分からない」と言っていて、強い不安を感じているんです。
 
私達は去年の2月に出会い、9月までは交際は順調でしたが、
11月になって彼から「(私に)会う時間もないし、会いたいという気持ちもなくなった」とメールがきました。
忙しいこともありますが、10月に彼は仕事で挫折を味わっており、それが引き金になったんです。
(10月に私と彼が会ったのは一回だけでしたが、その時間を仕事にあてていればと彼は後悔していたようです)
そのメールが来たのは深夜3時。
彼はそのメールを一週間かけて少しずつ打ったそうで、その憔悴ぶりはただ「疲れている」というレベルではなく、うつじゃないのかなと私は思いました。
 
3月になって、ようやっと彼に会えたのですが、ストレスのために手に湿疹ができていて、白髪まで増えていて、
ものすごく悲観的になっているし、ふつうじゃないんだと実感しました。
私は彼のことが好きで、彼の助けになりたいのですが、彼にはほんの少しの余裕もなく、
「彼女」という存在自体が負担だし、今は一人になって人生を立て直したいのだと分かったので、私は別れを受け入れました。
彼は「こんな状態じゃなきゃ、もっと二人のことはゆっくり考えたかったんだけど…」と言ってたんですが…。
でも、彼が今心底苦しいのが分かるので、そんな彼を苦しめるようなことはしたくなかったんです。
本当は私がいることが彼の癒しになればよかったのですが…実際、そうなれないようなので。
 
それでいて、うつじゃないかというのもあるので、これで本当によかったのかとすごく心残りになっています。
できれば病院に一度連れて行きたかったけど、彼に「あなたうつじゃないの?」と言う勇気がなかった。怖くって…。
兄に話をしたら、「男にとって仕事は逃げられないこと。そして、仕事場には彼女は一緒にいけないのだから、かなんがしてあげられることは多くない。
彼は自分をじっくり今見つめなおさないといけない。彼はかなんに対して自分勝手なことをしたいわけじゃなく、そうせずにはいられない精神状態なんだよ。かなんの判断は正しいと思う」と言ってくれたし、先生からも彼には沈黙し続けたほうがいいと言われたのですが…。
復縁したいというより、彼の力になれないのが本当につらいんです。
子どもを助けられない母親のような気持ちで。すごくせつないし、無力感でいっぱいになるんです。
どうにかできるものならどんな犠牲を払ってもどうにかしたいのに。
彼自身は完璧に私と離れたくないのだけど、一番は一人になりたいんだと思いますが…。
戻れるものなら去年に戻って、やり直したいです。こうなる前になんとかできたかもしれないのに。
 
みなさんの投稿を読ませていただいて、不屈の精神といいますか、すごいがんばりだなあと感心しております。
私は正直精神的に今とてもきつくて、仕事も手につかなかったりします。
そうすると、彼のことを考えてしまうので、ますます悪い状態になってしまう…。
心に開いた穴をどうにかして埋めないと…。
自分でも分かってはいるんですが、今は心がどうしても前に向かず、過去ばかりを見てしまうんです。
自分のことは結局自分で救うしかありませんがね^^;
 
ちょっと吐き出させていただきました。
かなん 21:25 comments(7)
1/1
川越占い館ホームページはリンク集からご覧になれます。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
沖川東横のブログ
Other