スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
ミカ
みか改めミカです 投稿者:ミカ 投稿日:10月17日(火)12時13分48秒
9日に投稿した、8年間付き合っていた彼氏と別れたミカです。
沖川先生、皆様、コメントありがとうございました。大変励まされました。

あれからまだあまり経ってはいませんが、目標を100個書き、5個に絞り、自分を磨くためにがんばっています。

別れた彼氏からはもちろん連絡はないままです。気にしないでいます。

かなり長くなりますが、別れに至った原因と、どのように付き合ってきたかを書いて、自分でも整理したいと思います。

彼とは、はじめ二股という関係から始まりました。それは、付き合って3ヶ月してから私は知りました。それまで気づかなかった私もバカですね。ばれた時は、もちろん大喧嘩でした。でも、私は彼のことが大好きで離れることができなかったので、そのままずるずる。いつかは私だけと付き合ってくれるだろうということを信じて。
二股は9ヶ月ほど続きましたが、結局私を選んでくれました。

喜んでいられたのもつかの間、その後も、何度も浮気をされました。二股を許してずっと離れていかなかった私に安心していたのかもしれません。浮気をしても許してくれる、と。
実際、私は浮気をされても見つけた時は大喧嘩しますが、私が離れられなくなっていたため許してきました。私が彼と一緒に居れない時に浮気をするという事がわかっていたので、毎日のように一緒にいました。私が一緒に居れる時は、まったく浮気などしなかったからです。彼は、一人でいることが嫌いな人でした。常に誰かと一緒に居たいのです。私が居ない時は一緒に居てくれる女の人を求めてしまうのです。
だから、二股に気づくまでは、どちらかというと私は自分一人の時間が好きで、毎日のように彼に会わなくても、連絡をしなくても平気だったのですが、こんな感じの付き合い方になってしまいました。

そんな付き合いを3年ほどして、同棲をすることになりました。
同棲し始めは、お互いわがまま同士のため喧嘩ばかりでした。
しかし、同棲をはじめてからは、まったく浮気をしなくなりました。
喧嘩は多かったですが、幸せな時もたくさんありました。
浮気がおさまって安心していたのもつかの間、今度は暴力、暴言で悩まされることが多くなりました。もともと暴言はひどかったのですが、どんどんエスカレートしていくようでした。
彼は、毎晩かなりの量のお酒を飲みます。私は体質的にお酒がだめなタイプです。
機嫌のいいときは全然問題ないのですが、悪い時は、私への暴言がすごいのです。外でたまったストレスも全て、私に当り散らすことで発散させているような感じでした。
毎日、こういう状態が続くわけではありませんでしたが、このようなことは度々ありました。
私も気が強くわがままなので、酔ってない時に、彼を責めたりすることが多くありました。
結局、そうしたら夜はまた自分に跳ね返ってくるのが分かっているのに。
一緒に住んでいたので、喧嘩をしても逃げ場がなく、私はどんどん精神的に疲れていきました。

同棲してから1年半、とうとう私の神経は参ってしまい、パニック障害になってしまいました。
そうなってからは、彼は暴言は相変わらずでしたが、少しづつ変わっていきました。
それでも、私の病気は中々よくなることはありませんでした。
そして、今度は私の方が、わがままがすごくなってしまったのです。今まで散々私を苦しめて、病気にした、という気持ちがあったのです。今思うと、彼のことが大好きなのに、なんでそんな気持ちになってしまったのかと、自分の自己中、わがままに本当に情けなくなります。
私がそんな気持ちでいるから、彼もイライラする事も多く、私に当り散らしてくることが多くなりました。
病気だということは分かってくれているのですが、病気のために、倦怠感がひどく、家事がおろそかになったり、普通の人のように働けなかったり、ということはあまり理解してくれないようでした。
彼は、自分の周りの友達や同僚の彼女や、奥さんと私を比べるようになりました。みんな、健康で、普通に働いている人ばかりです。
彼は、仕事はとてもがんばっていて、仕事のために勉強もかなりしているようで、社会の中で、男としてどんどん成長していくのが分かりました。
それとは対照的に、病気のため、普通に働くこともできず、どんどん後退していく私。彼は自分と私にどんどん差が出来ていくことを感じていました。どうして俺がこんな女と一緒に居なければならないのだろう、と思うようになっていたと思います。
私のわがままも大きな原因ですが、私は彼に対して愛情を表現することがとても苦手で中々できなかったのです。表では、気の強いわがままな私ばかりでしたので、本当の私の彼が大好きという気持ちがうまく伝わってなかったのかもしれません。ずっと一緒にいるのだから分かっているだろうというのは私の勝手な思い込みでした。
本当に可愛げのない女でした。。彼はいつもストレートに愛情を表現してくれていたのに。

そういう経緯で前回投稿したような別れに至りました。
今回の決定的な別れの前に、8年間の中で小さな別れは何度もありました。
私が彼と付き合ってきた経緯を知っている友人や、家族は、別れて本当によかった。やっと気づいてくれたというようなことを言います。
でも、私は今でもやはり彼が大好きです。
色々な事があった8年間でしたが、彼が大好きでした。ここには悪い面ばかりを書くことになってしまいましたが、いい所もいっぱいあるのです。
実際、彼は付き合い始めの頃とは全然違って、成長していました。
何の成長も見せなかったのは私の方です。

この4ヶ月、後悔、反省、絶望を繰り返しましたが、自分を磨いて変わらなければと思いはじめたのは最近になってからです。
彼のことが大好きであることは変わりません。今の自分は何も変わっていないので、メールを送ってしまいましたが、今はむしろ連絡がこなくていいと思っています。
これからは、いつかまた彼とやり直せることを信じて、自分を磨いて変わっていけるようがんばりたいと思います。

かなり長くなってしまいました。読んで下さって本当にありがとうございました。
ミカ 21:18 comments(2)
みか
はじめまして。 投稿者:みか 投稿日:10月 9日(月)16時49分43秒
はじめまして。
私は、4ヶ月ほど前に8年間付き合った彼氏と別れました。
8年中、4年半程は同棲していました。
別れた原因ですが、私のわがままにもう付き合っていられないと、振られました。
他にも細かい理由はいろいろあると思います。
私は、パニック障害という病気を患い、3年ほどになります。
中々完治せず、そのことも、私を捨てたいと思った大きな理由だと思います。
そんな私と一緒にいるのがもう疲れてしまったのだと思います。
健康な女の人と幸せになりたいから、身を引いてくれたら助かると言われました。
彼の周りに、結婚する人が増えていき、今まではまだいいと考えていた彼も、強く結婚を考えるようになったのだと思います。
その上で、結婚するには、こんな病気を持っていて、わがままな女はだめだと判断した結果だったと思います。
献身的な女の子らしい子がいい、とも彼は言っていました。

この4ヶ月、辛くて悲しくて絶望感の中で彼のことばかり考えていました。
私には、その彼しかいないのです。大好きなのです。
とことん嫌われて、愛想をつかされたと思うので、その間、連絡は一切取っていなかったのですが、つい先日このまま忘れられていくのが怖くてメールしました。

「お久しぶりです。お元気ですか?
 ご迷惑だったら返信いりません。もうメールしませんから。」
といった内容です。
もちろん、返信はありません。

それから、沖川先生の恋愛日記というホームページを見つけました。
それを読んでいるうちに、私は、絶対に復縁したい、諦めない、という気持ちがますます強くなりました。
そして、私の送ったメールはとてもだめなメールだったとかなり後悔しました。
このメールでは、もう自分からメールを送ることができない。待つことしかできない。ということです。

そもそも、彼は相当私のことが嫌いになって別れたのだから、復縁は無理なのかもしれません。
私には、パニック障害という病気もありますし。

こんな状態でも、私が絶対に諦めないという強い信念をもっていれば、復縁は可能なのでしょうか?

そして、あんなメールを送ってしまって、これからどう進めていけばよいのでしょうか?

沖川先生、どうかアドバイスをよろしくお願いします。
ミカ 18:27 comments(6)
1/1
川越占い館ホームページはリンク集からご覧になれます。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
沖川東横のブログ
Other